• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
コンクールカレンダー
コンクールカレンダー
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

月刊シナリオ

掲載シナリオ

『たとえば檸檬』

脚本:吉川次郎
監督:片嶋一貴
出演:韓英恵 有森也実 綾野剛 室井滋 伊原剛志 内田春菊 古田新太 白石隼也ほか

▶インタビュー

吉川次郎 片嶋一貴 〜”檸檬”をキーワードに”親子”を描く〜

掲載シナリオ

『黒い十人の女』

脚本:和田夏十
監督:市川崑
出演:船越英二 岸恵子 山本富士子 宮城まり子 中村玉緒 岸田今日子 宇野良子 村井千恵子 有川マスミ 紺野ユカ 倉田マユミほか

▶特集

大映創立70周年特集上映「映画は大映」
脚本家研究 和田夏十
久保田圭司 『黒い十人の女』についての推論

▶映画評(連載)

桂千穂の映画館へ行こう――創り手たちの映画評
楠山忠之(映像ジャーナリスト) 浦崎浩實(批評家)
「北のカナリアたち」「悪の教典」「JAPAN IN A DAY」「美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生」「二つの祖国で 日系陸軍情報部」「ニッポンの、みせものやさん」

野村正昭 試写室から/「テッド」——27年後のリアル・ファンタジー

▶シナリオ講座(連載)

古田求
「影武者」「乱」などの脚本家— 井手雅人の遺したノート 第14回 『ロッキー』がお気に入り

久保田圭司
シナリオセミナー/登場人物の設定をシナリオにどう活かすか

三宅直子
シナリオセミナー/お話作りは丁寧に

川邊一外
シナリオ創作演習十二講・第7講

▶読み物・エッセイ(連載)

佐伯俊道 終生娯楽派の戯言/三時のおやつは甘い誘惑

米村正二
シナリオエッセイ/トルコ・シワス「夢・夢のあと」

▶シナリオ作家情報

[自作を語る]
五藤利弘『フェルメールの憂鬱』

ビーグル大塚『パーティは銭湯から始まる』

木村文洋『愛のゆくえ(仮)』

愛染恭子『奴隷市』

楠山忠之『陸軍登戸研究所』

山本透『グッモーエビアン!』

いまおかしんじ『死んでもいいの 百年恋して』

村川康敏『妻の恋人』

金田敬『ピンク・レディ 女はそれを我慢できないッ』

▶追悼・高田拓土彦

石森史郎/哀悼・高田龍彦、土筆勉、高田拓土彦

シナリオ1月号

2013年1月号
  • 2012年12月3日発売
  • 発行:シナリオ作家協会
  • 定価:957円
アマゾン

ページの上部まで飛びます