• 2019年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2018年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
fujisan.co.jp
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶発表

第44回 創作テレビドラマ大賞 最終審査結果発表

 日本放送作家協会とNHKが共催のテレビドラマ脚本コンクール。大賞作品はNHKで放送。第44回の今回、応募総数957編(審査対象外14編を含む)から大賞1編、佳作2編が選出された。今回、大賞を受賞した佃良太・作『星とレモンの部屋』と、入賞者のコメント“受賞の言葉”、そして最終審査会の直後に行われた最終審査選評会を掲載。
《最終審査員》順不同・敬称略
【脚本家】
荒井修子
尾崎将也
山岡潤平
徳永友一
吉田智子
冨川元文
【NHK・NHKエンタープライズ】
中村高志(NHKエンタープライズ)
加藤拓(NHK)山本敏彦(NHKエンタープライズ)
上田明子(NHK)
北野拓(NHKエンタープライズ)
加地源一郎(NHKエンタープライズ)
山本敏彦(NHKエンタープライズ)

立会:井出真理(日本放送作家協会)
司会:東多江子(日本放送作家協会)

掲載シナリオ

大賞

佃良太『星とレモンの部屋』

▶シナリオ

掲載シナリオ

向井康介『歪んだ波紋』

第1回・第2回
NHK BSプレミアム プレミアムドラマ 原作:塩田武士
 地方新聞社・新神奈川日報記者の沢村政彦の元に「ひき逃げ事件」の特ダネ情報が舞い込む。夫を亡くし悲しみにくれる妻・森本敦子。その敦子こそが犯人である、という情報だ。久しぶりの特ダネに政彦は勢い込む。だがそれは「誤報」だった。否、政彦の同僚・桐野が仕掛けた「虚報」である事を、大学同期のネットニュース編集長・三反園から指摘される。姿を消してしまった桐野を追う政彦。一方、かつて全国紙・大日新聞の記者で、政彦の父と盟友だった相賀正和が政彦を訪ねてくる。相賀は同僚だった垣内智成の自殺は、垣内が15年前に出してしまった「誤報」が原因ではないかと調べ始めていた……。
 新聞記者、ネットニュース編集長、元記者、子育てに悩む女性記者といった、さまざまな“記者”たちの人生模様を描き、「報道」の現在に迫ったスリリングな社会派ドラマ。
 向井康介氏のコメント『作者ノート』も掲載。
出演:松田龍平 松山ケンイチ 小芝風花 山口沙弥加 勝村政信 勝矢 Juice=Juice、坂井真紀 キムラ緑子 真野響子 美村里江 筒井道隆 角野卓造 イッセー尾形 長塚京三ほか

▶シナリオ

掲載シナリオ

八津弘幸『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル』

第1回・第2回
NHK総合テレビ ドラマ10
 天ノ真奈子(あまの・まなこ)は、とある一流大学の工学部教授で、「失敗学」を立ち上げ研究中。失敗の責任を追及するのではなく、直接の原因と、背景的・社会的な原因とを究明して知識化し、再発防止に役立てる学問だ。日々起こるさまざまな事故は常に何かの失敗であり、事故調査は真奈子の最高のフィールドワーク。その活動は工学の枠を超え、企業の不正や医療事故など、好奇心の赴くまま広がっていく。性格はマイペース、わがまま勝手。「成長・進歩には必ず失敗がついてまわるもの」という信念で失敗を愛し、失敗話に目を輝かせるため、相手をイラつかせることも。しかし脳内に古今東西の失敗データベースを内蔵したその天才ぶりで、今日も真奈子は事故の真実へとたどり着く!
 コミカルにそして痛快に、掟破りで自分勝手なヒロインが、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら、「失敗学」を武器として事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいく!
 八津弘幸氏のコメント『作者ノート』も掲載。
出演:松雪泰子 堀井新太 須藤理彩 高橋メアリージュン 余貴美子ほか

▶新連載・エッセイ

根本ノンジ『歯軋りの日々』(1)
 脚本家4氏が月替わりで執筆するエッセイがスタート。今号は、テレビドラマ『監察医 朝顔』『フルーツ宅配便』『サ道』『相棒シリーズ』などの脚本を手がける根本ノンジ氏。初回となる今回は、「連ドラの脚本。完投型と分業型の違い」。

▶連載

北阪昌人の RADIO DAYS(8)
 ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座「3分でわかるラジオドラマ実践図解講座」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

▶連載

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五〜二〇一五年〉(9)
 「平成」時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「若年層向け編成と新人作家の育成《一九九〇〜九四》」。

▶連載

放作協通信(86)
 一般社団法人 日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 今回も日本放送作家協会創立60周年記念特集と題し、放作協会員の発案・企画で実現した事業、ラジオドラマ公募『広島もみじまんじゅう物語』と、文学賞『西の正倉院・みさと文学賞』、東京都府中市のコミュニティFM“ラジオフチューズ”の音楽情報番組『ZACKEYの府中熱中音楽館』について、さらだたまこ理事長が紹介する。

▶シナリオ公募情報

(募集要項)
NHK名古屋放送局 創作ラジオドラマ脚本募集
創作ラジオドラマ大賞

▶ライター掲示板

あかほりさとる/阿久津朋子/池田奈津子/小林雄次/関えり香/田中眞一/三浦希紗

▶トピックスコーナー

東京ドラマアウォード2019・安達奈緒子氏が脚本賞を受賞/シンポジウム「ここから始まる新しいテレビドラマ」開催/今年度文化庁芸術祭参加作品一覧

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ12月号

2019年12月号
  • 2019年11月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:1,210円
アマゾン

ページの上部まで飛びます