• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶シナリオ

掲載シナリオ

『あさきゆめみし〜八百屋お七異聞」第一回・第二回

ジェームス三木
NHK木曜時代劇

 五代将軍綱吉が就任したばかりの延宝九年(1681年)二月、江戸本郷丸山で起きた火事は駒込まで燃え広がり、追分片町の裕福な八百屋「八百源」も類焼した。「八百源」の一人娘、お七は、店と住まいが建て直されるまで大乗寺に預けられる。お七はこの寺で、寺小姓の吉三を見初め、切ない恋に身を焦がす。やがて八百源が再建され、お七は追分片町に戻った。父・喜兵衛は働き者の手代勘蔵を見込み、お七の婿に迎えようとする。しかしお七はどうしてもうんと言わない。お七の心の中には吉三が住み着いていた。そして吉三の心の中にも……。この秘めやかな二人の思いが、やがて悲劇の幕開けとなる——。
 井原西鶴『好色五人女』などで知られる八百屋お七物語を、名脚本家・ジェームス三木氏が新たな解釈を加えた、愛の物語。元AKB48の前田敦子が主演でも話題の時代劇。
 出演:前田敦子 池松壮亮 平岡祐太 田山涼成 竹下景子 中村雅俊

▶シナリオ

掲載シナリオ

『月に祈るピエロ』

北川悦吏子
CBC・TBS系全国ネット スペシャルドラマ 文化庁芸術祭参加作品

 数多くの名作ドラマを産み出してきた脚本家・北川悦吏子が、自身の出身地である岐阜と東京を舞台に描く、“大人の”恋愛ドラマ。
 清流長良川と緑深い山々に囲まれた街で、祖母・母と暮らすアラフォーの独身女性が、閉塞した日常の中で、何気ないきっかけから、遠く離れて暮らす男性との交流に小さな幸せを見つけ、一度も逢うことのないまま心を通わせていく……。
 出演:常盤貴子 谷原章介 宅間孝行 根岸季衣 八千草薫ほか

▶シナリオ

掲載シナリオ

『はじまりの歌』

荒井修子
NHK特集ドラマ 文化庁芸術祭参加作品

 東京でフリーカメラマンをしている主人公の航(わたる)は、雑誌の写真を撮りに故郷に帰る。そこで、合唱コンクール出場を目指す小学生たち、元彼女の小学校教師、幼馴染や家族と触れ合い、再び人生の夢を取り戻していく。
 昨年のNHK紅白歌合戦で嵐が歌い、故郷の尊さを伝えるその内容に、多くの共感を呼んだ曲『ふるさと』。今年80回を迎えるNHK全国学校音楽コンクールで、小学校の部の課題曲にも選ばれた『ふるさと』をモチーフに、合唱の楽しさと、故郷への想いを綴った単発ドラマ。
 出演:松本潤 榮倉奈々 戸田菜穂 尾上寛之 石田卓也 徳永えり 由紀さおり 國村隼

▶特別講義・採録

柏田道夫『物語の基本型とハリウッド式「三幕構成」の作り方(後編)
 前号に引き続き、『クレイマー、クレイマー』『レインマン』『狼たちの午後』『卒業』『刑事ジョン・ブック/目撃者』といった名作映画を題材に、物語の基本パターンと、アメリカの著名脚本家・シナリオ講師のシド・フィールドが提唱する「三幕構成」の作り方を、レクチャー。

▶誌上講座

北阪昌人『北阪昌人のラジオドラマ脚本入門』(2)
『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の私たちの物語』など数多くのラジオドラマを手がける脚本家・北阪昌人氏による誌上講座がスタート。ラジオドラマ脚本執筆のノウハウを余すところなく披露する他、ラジオドラマ制作の現場へ北阪氏が赴いて取材。毎回、制作者ほか番組に関わる人々の「ラジオドラマ」への熱い思いを紹介。 今回は、北阪氏が脚本を手がける『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FM)をレポート。

▶誌上講座

江頭美智留『超実践脚本塾 エガシラのお仕事』(5)
 90年に脚本家デビュー以降、『ナースのお仕事』『神様のいたずら』『1リットルの涙』『ごくせん』『一攫千金夢家族1・2』『タンブリング』『Pure Soul?君が僕を忘れても?』など数多くのヒットドラマを手がけてきた江頭氏が、デビュー前6年間に及んだプロットライター時代、そしてデビュー以降長年に渡って蓄積してきた“エガシラ流”脚本作法を公開。現場で通用する、通用させる脚本を創るために必要な知識、テクニックなどを分かりやすくレクチャー。第5回は『原作物のドラマ化について』。

▶連載

セリフとト書き(91)/大森寿美男『我を忘れるために』
 『トトの世界』『てるてる家族』『クライマーズ・ハイ』『風林火山』『15歳の志願兵』『TAROの塔』『黒部の太陽』『悪夢ちゃん』など数多くのテレビドラマを手がける大森氏が、脚本と初めてであった中学時代から振り返り、自身のセリフとト書きへのこだわりを綴る。

▶隔月連載

新・テレビドラマ評判記/中町綾子(日本大学藝術学部教授)
 今年4月から10月にかけて放送、高視聴率を獲得したドラマ『あまちゃん』『半沢直樹』を取り上げ、作品に込められたメッセージなどについて綴る。

▶連載

放作協通信(13)
 一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 「第42回創作テレビドラマ大賞」の募集スタートを受け、過去に審査員を務めてきた脚本家の東多江子氏が、評価される作品について、執筆のコツなどこれから応募しようとする方へメッセージを送る。

▶連載

さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(55)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時〜好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、映画監督の吉行由実さん、放送作家の水越洋子さんのトークを誌上再録。

▶シナリオ公募情報

(審査結果発表)
第2回 ラジオ日本 杉崎智介脚本賞「夏」
(募集要項)
ラジオ日本 杉崎智介脚本賞「秋」
富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール
NHK名古屋創作ラジオドラマ脚本募集
橋田賞新人脚本賞
テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞
創作ラジオドラマ大賞

▶ライター掲示板

黒沢久子 篠郫絵里子 根元歳三 筆安一幸 吉田恵里香

▶連載

ここに脚本があった〜ドラマが生まれた地を訪ねて〜(8)
大阪市中央区/NHK大阪放送会館(旧局舎)

▶トピックスコーナー

里島美和氏のセミナー開催/CSフジテレビTWOが連ドラ放送/訃報/日本民間放送連盟賞、発表/文化庁芸術祭参加作品一覧

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ11月号

2013年11月号
  • 2013年10月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:967円
アマゾン

ページの上部まで飛びます