• 2023年
  • 1月号
  • 2月号
  • 2022年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2021年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2020年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2019年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2018年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
fujisan.co.jp
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶発表

第22回 テレビ朝日新人シナリオ大賞 受賞作発表

 今回、テーマ:家族で募集を行った、脚本家の登龍門。
 応募総数1064篇から厳正な審査の結果、大賞1篇、優秀賞2篇が選ばれた。
 受賞3氏の喜びの声「受賞の言葉」、最終選考委員の脚本家・井上由美子氏、岡田惠和氏、両沢和幸氏による「選考作家座談会」、受賞作3篇の脚本を掲載。

掲載シナリオ

大賞
若杉栞南『拝啓、奇妙なお隣さま』

優秀賞
平岡達哉『さすらいのパンツマン』

優秀賞
宮本真生『代表取締役息子』

▶連載

柏田道夫 アカデミー受賞作に学ぶ作劇術(4)
 月刊ドラマ別冊『エンタテイメントの書き方①、②、③』の番外編として、近年のアカデミー受賞作をピックアップ。作劇法やおもしろさのポイントを分析。
 最終回の今回は、第94回アカデミー賞作品賞・脚色賞・助演男優賞受賞『コーダ あいのうた』(脚本・監督:シアン・ヘダー)。

▶連載

エッセイ・森下佳子 エッセイ・……で?(10)
 脚本家4氏による月替わりのエッセイ。今号は『ファーストペンギン!』『天国と地獄~サイコな2人~』『白夜行』『JIN~仁~』『おんな城主 直虎』『ごちそうさん』などの脚本家・森下佳子氏。今回は、「日テレさんとドラマと私」。

▶連載

北阪昌人の RADIO DAYS(43)
 ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、誌上ラジオドラマ脚本講座「ラジオドラマQ&A」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

▶連載

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五〜二〇一五年〉(43)
 「平成」の時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「絶望と向かい合うドラマ(4)《二〇一〇~一四》」。

▶連載

脚本を残し放送文化を伝えていこう!(6)
 「日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム」(略称「脚本アーカイブズ」)の取り組みを毎号紹介していく連載。今回は、テレビ放送黎明期にドラマ脚本から始め、その技法を追求したという点で「日本のテレビ作家第1号」と称されている、江上照彦氏(1910-1990)の業績と、国立国会図書館に寄贈される予定の番組台本を紹介する。

▶ドラマ評

古崎康成/'22年7月期のテレビドラマ
 2022年7月期に放送されたテレビドラマから脚本が優れていた作品を、テレビドラマ評論家の古崎氏が批評する。

▶脚本公募情報

(最終審査結果)
第47回 創作テレビドラマ大賞 受賞作決定
(募集要項)
創作ラジオドラマ大賞

▶ライター掲示板

尾崎将也 鹿目けい子 嶋田うれ葉 菱田信也 松井香奈 宮本武史

トピックスコーナー
オーディオドラマコーナー

ドラマ11月号

2022年11月号
  • 2022年10月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:1,210円
アマゾン

ページの上部まで飛びます