• 2020年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 2019年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2018年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
fujisan.co.jp
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶特別企画

脚本家の出発点――コンクール受賞作品特集 第2弾

 本誌は1979年の創刊から、時代を反映する鏡・テレビドラマの根幹を担う“脚本”、そして脚本を創作する作家を追い続けているが、中でも80年代半ば以降創設された、テレビ局主催の脚本コンクールをきっかけに数多くの脚本家がデビューし、人気作家へと上り詰める姿を注目してきた。
 今号では、今年7月号に続き、現在第一線で活躍中の脚本家4氏の原点、コンクール受賞作を再掲載する。

掲載シナリオ

村井さだゆき『飛べないオトメの授業中』
第6回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞
(1994年2月号掲載)

安達奈緒子『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』
第15回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞
(2003年8月号掲載)

古家和尚『超能力戦隊エスパーズ』
第17回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞
(2005年9月号掲載)

坂口理子『おシャシャのシャン!』
第31回創作テレビドラマ大賞最優秀作
(2006年7月号掲載)

▶テレビドラマ脚本

木皿 泉『これっきりサマー』

(全5回)
NHK大阪 大阪発ショートドラマ
(初回放送:2020年8月17日〜21日 ※関西地域)
 夏の甲子園大会が中止になり、町中から同情されている高校球児の薫。うんざりしているところに、ロックが大好きな同級生の女子・香が現れる。香も夏フェスが中止になってがっかりしていた。ぽつりぽつりと会話を交わしはじめたふたりだが、常に「ソーシャルディスタンス」を保ち、マスクに阻まれている。やがて、甲子園と夏フェス、それぞれにかける相手の本当の思いに気がついた薫と香は……。
 木皿氏の本作についてのコメント『作者ノート』も掲載。
演出:泉並敬眞 出演:岡田健史 南沙良 一木美貴子 村上ショージ

▶講義録

柏田道夫 コンクールのための1時間ドラマの書き方
 (2013年12月23日・東京・中目黒GTプラザホールにて開催、本誌主催公開セミナーの採録)
 脚本コンクールの選評でよく言われる「ドラマを描く」ことについて、テーマ・ジャンルの選定、物語の設定、キャラクターの造形など、テレビ局主催の脚本コンクール・一時間もの単発ドラマの創り方に的を絞った創作講義の誌上採録。

▶連載

北阪昌人の RADIO DAYS(17)
ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、誌上ラジオドラマ脚本講座「ラジオドラマQ&A」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

▶連載

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五〜二〇一五年〉(19)
「平成」の時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「平成ドラマの潮流(9)《一九九五~九九》」。

▶エッセイ

山岡潤平『そのアドリブ、おもろいと思てんの身内だけやぞ!!』(4)

 脚本家4氏が月替わりで執筆するエッセイ。今回は、テレビドラマ、映画の脚本を多数手がける山岡潤平氏が、プロットを創り、脚本にする際に「本当に面白いのだろうか……」と不安に思う理由、その克服法を綴った「なんで会議でオッケーが出たプロットの通りに脚本にしたのに、なんで『あんまり面白くないね』とか言うんですか!? ねぇ? ねぇ!?」

▶脚本公募情報

(中間審査結果)
第32回フジテレビヤングシナリオ大賞 第三次審査通過作品発表
第45回 創作テレビドラマ大賞 二次・三次審査通過作品発表
(募集要項)
橋田賞新人脚本賞
テレビ朝日新人シナリオ大賞
新人シナリオコンクール

▶ライター掲示板

井沢満/旺季志ずか/皐月彩/高野水登/武井彩/寺田憲史/伴一彦/三國月々子/山﨑佐保子/渡邉真子

▶トピックスコーナー

放送文化基金賞発表/新刊案内/訃報

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ10月号

2020年10月号
  • 2020年9月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:1,210円
アマゾン

ページの上部まで飛びます