• 2019年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 2018年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
fujisan.co.jp
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶シナリオ

掲載シナリオ

奥寺佐渡子『わたし、定時で帰ります。』

第1話(2019年4月16日放送)
TBS系 火曜よる10時〜放送
火曜ドラマ
 主人公・東山結衣はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧との時間も大切にしている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──
原作:朱野帰子『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊) 出演:吉高由里子 向井理 中丸雄一 柄本時生 泉澤祐希 シシド・カフカ 内田有紀 ユースケ・サンタマリアほか

▶シナリオ

掲載シナリオ

嶋田うれ葉『大全力失踪』

第1回(2019年4月7日放送)
NHK BSプレミアム 日曜よる10時〜放送
プレミアムドラマ
 2017年放送『全力失踪』の続編。7年の失踪後、家に戻った磯山武は、妻・聖子と娘・ななみと家族でパン屋を営むも、赤字続きで四苦八苦。唯一めでたいのは、ななみが老舗商社の御曹司・白金雅也と婚約したことだが、雅也の父親は経済力のない磯山のことを軽蔑し、婚約を破棄したがる。そんなある日、磯山は旧友の紅林と偶然に再会。体調が悪そうな紅林から骨とう品をある人物に届けることを頼まれ、車内泊する。すると翌朝、磯山は父親の虐待から逃げたいと言う少女・目黒ゆきと出会う。ゆきを救うため、疑似親子として東京から逃避行することになり……。
出演:原田泰造 緒川たまき 優希美青 山田裕貴 手塚とおる Toshl 石丸謙二郎 浅野温子ほか

▶シナリオ

掲載シナリオ

井上由美子『緊急取調室』

第1話(2019年4月11日放送)
テレビ朝日系 木曜よる9時〜放送
 叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる。
 有希子は、警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられる。その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太が逃走。主婦・藤沢さおりを人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名。たったひとりで家内に突入した玲子は、野本に発砲し、死なせてしまう。人質救出のためには止むなし、との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。
出演:天海祐希 田中哲司 速水もこみち 鈴木浩介 大倉孝二 塚地武雅 篠井英介 でんでん 小日向文世ほか

▶コンクール

第47回 創作ラジオドラマ大賞 受賞作発表

 日本放送作家協会とNHKが共催、ラジオドラマの脚本コンクール。
 第47回を数える今回、応募総数256編(有効総数245編)から大賞はなし・佳作4編が選出された。佳作第一席を受賞した美野洋平・作『ごらん、花々の彩りを』と、入賞者のコメント“受賞の言葉”、そして最終審査会の直後に行われた審査員選評会を掲載。
《最終審査員》敬称略
【脚本家】
藤井青銅、佐藤ひろみ、大河内聡、藤井香織、小松與志子(日本シナリオ作家協会)
【NHK】藤井靖、真銅健嗣、吉田浩樹、小島史敬、小見山佳典
司会:北阪昌人

掲載シナリオ

佳作第一席
美野洋平『ごらん、花々の彩りを』

▶ドラマ評

古崎康成『NHKドラマの隆盛と民放ドラマの生きる道〜'19年1月期のドラマを見て〜』
 2019年1月から3月末に放送されたテレビドラマ作品から、テレビドラマ研究家の筆者が印象に残った作品を取り上げ、脚本面から批評する。

▶新連載

北阪昌人の RADIO DAYS(1)
 北阪氏の連載『enjoy! radiodrama』をリニューアル。ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

▶連載

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書(2)
 一昨年まで本誌にて連載した『テレビドラマ史〜作家が紡いできた世界〜』の続編。「平成」時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「ドラマ人間模様からトレンディドラマへ(2)《一九八五〜八九年》」。

▶連載

寺田憲史『創作願い クリエイティブの鉱脈を探す旅』(29)
 アニメシナリオを起点に様々なジャンルの作品を手掛けてきた寺田氏が、自身の経験などを基に、激動の現代を生き抜くヒントを綴る。今回は「ハマるストーリー共有圏」。

▶連載

放作協通信(79)
 一般社団法人 日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 今回は“放作協”の成り立ちから、活動内容、今後開催される創立60周年イベントについて、さらだたまこ理事長が紹介する。

▶シナリオ公募情報

(審査結果発表)
第2回 WOWOW新人シナリオ大賞
平成30年度(第34回)NHK名古屋放送局 創作ラジオドラマ脚本募集
第7回 ラジオ日本杉崎智介脚本賞
第2回 北杜「水の山」映像祭 北杜市シナリオコンクール
(募集要項)
北のシナリオ大賞
BKラジオドラマ脚本賞
創作テレビドラマ大賞

▶ライター掲示板

今井雅子/高野水登/高橋郁子/守口悠介/横田理恵

▶PHOTOトピックス

第3回MBSラジオドラマ脚本コンクール 贈賞式

▶オーディオ・ドラマコーナー
▶トピックスコーナー

野木亜紀子氏、市川森一脚本賞と向田邦子賞をW受賞/シンポジウム・脚本で振り返る「平成」という時代 開催/訃報

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ5月号

2019年5月号
  • 2019年4月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:1,188円
アマゾン


■お詫びと訂正
ドラマ5月号(平成31年4月18日発売)101ページ・『シナリオ公募情報』欄、平成30年度(第34回)NHK名古屋放送局 創作ラジオドラマ脚本募集 最優秀賞受賞・荒川文木様のお名前に誤記がありました。
 荒川文木様、NHK名古屋放送局様、関係各位に深くお詫び申し上げるとともに、謹んで訂正いたします。
平成31年4月18日
株式会社マルヨンプロダクション『ドラマ』編集部

ページの上部まで飛びます