• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶特別企画

カリスマ*プロデューサー・丹羽多聞アンドリウ直伝
「誰も教えてくれない」ドラマづくり20の法則

テレビ、映画、舞台で1200本以上の作品をプロデュースしてきた丹羽多聞アンドリウ氏(BS−TBS)。エンタテイメントのキーポイントを熟知した敏腕プロデューサーが、明日のクリエイターたちに、その蓄積から得たものを語る。

《項目》
1 仕事を断わってはいけない
2 ストーリーものとキャラクターものの分類
 ※世界の創作ということ
3 1話にエネルギーの半分を注入せよ
4 キャラクターものの作法
 ※世界に浸る
5 打ち合せと連ドラ
6 何でもアリ
7 お仕着せが大事
8 新しいこと、志が必要
9 連ドラ主人公の特権
10 直しを喜べ
11 受け手の脳
12 キャラクターを立てるということ
13 技術×読書量
14 得意不得意
15 体調管理
16 量を書くこと
17 売れる人と売れない人
18 コミュニケーション能力
19 生き方が人生を変える
20 チャンスを生かす

▶特別企画

シナリオ・センター 小林幸恵氏に訊く
脚本家 デビューできる人 仕事にできる人

 新人作家がデビューするきっかけは様々。しかし、デビューが終着点ではなく、継続して活動することこそが重要。順風満帆に活動している脚本家は“何”が違うのか?
 長年、新人作家の誕生、活躍を見てきたシナリオ学校大手、シナリオ・センター代表の小林幸恵氏に、職業脚本家の条件などを伺う。

▶脚本

掲載シナリオ

坂本絵美(1話・3話)/村井真也(2話)
『ブスと野獣』

フジテレビ系 土曜よる11時40分〜放送

 一度見たら忘れない、強烈なインパクトを与える残念な外見の持ち主である二人の共通点は、自分のルックスを棚に上げて共に“面食い”であること。そんなブサイク二人が恋に落ちた相手は、何と、お互いの親友である美男美女!「ブス」な男と「野獣」な女は協力し合い、出会いから恋人になれるまでの作戦を立て、実行に移していく——。恋愛未経験で面食いのブサイク二人が、美男美女と恋人になるためにあらゆる手段を使って悪戦苦闘する、“とびきり変わった”ラブ・コメディドラマ。
出演:矢本悠馬 ゆいP(おかずクラブ) 逢沢りな 成田凌 森下大地 オカリナ(おかずクラブ) ナレーション・村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

▶脚本家インタビュー

坂本絵美 村井真也
 第26回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作入賞後、本作で脚本家デビューを飾った坂本氏、村井氏に、デビューの経緯、本作の創作エピソード、今後の抱負などを伺う。

▶脚本

掲載シナリオ

北川悦吏子『三つの月』

CBC・TBS系 10月3日(土曜)ひる2時〜放送 スペシャルドラマ

 2013年「月に祈るピエロ」、2014年「月に行く舟」に続く、北川悦吏子氏の出身地・岐阜を舞台にした「月」シリーズ三部作の完結編。
 三つの月とは、中国の諺、『一月三舟』から発想。同じ月を見ていても、乗っている舟が違えば全く別の様相を呈す、という意味。「月」を「恋」ととらえる。ある一つの恋。それが、今、そのさなかにいる時と、それから、ずーっと月日がたって、何年もたったあとではまるで違った意味を持つ。まるで違ったものに、見えるのではないか……。それが、不倫の恋ならなおさら。そこに走るか走らないかで、人生はまるで変わってしまうだろうから。このドラマは、女の人生と恋の物語である。
出演:原田知世 谷原章介 菅原大吉 山本學 八千草薫ほか

▶特別企画

金子成人『シナリオ作法 コンクールQ&A』
 読者から本誌に寄せられたシナリオに関してのさまざまな質問に回答。
(※本誌2000年11月号・特別企画の内容の一部を、現在の状況を反映させた形に修正の上、再掲載)

▶誌上講座

北阪昌人『ラジオドラマ脚本を書いてみよう! 15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン』(5)
 『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の“私たちの物語”』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人の誌上講座がリニューアル。ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。今回は「ラジオドラマ脚本の構成の立て方は?」。

▶連載

こうたきてつや『テレビドラマ史〜作家が紡いできた世界〜』(13)
 長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割——何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『〈開発期〉〜一九六〇年代〜』。

▶連載

セリフとト書き(113)武井 彩『ローマを探せ!』
 2000年、フジテレビヤングシナリオ大賞受賞後、「カラマーゾフの兄弟」「鍵のない夢を見る」「家族の裏事情」などを手がける氏が、デビュー間もない頃のプロデューサーとのホン打ち(脚本打ち合わせ)のエピソードを紹介し、セリフの重要性を綴る。

▶連載

放作協通信(36)
 一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 今回は、「日本脚本家連盟スクール」講師を務める脚本家の尾崎将也氏に、脚本コンクールに向けた勉強法などを伺う。

▶連載

さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(78)
 AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時〜好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
 今回は、映画評論家・フリーアナウンサーの青柳秀侑さん、コラムニストのペリー荻野さんのトークを誌上採録。

▶シナリオ公募情報

(中間審査結果)
第27回 フジテレビヤングシナリオ大賞 二次・三次審査通過作品発表
(募集要項)
WOWOWシナリオ大賞
富士山・河口湖映画祭 シナリオコンクール
中四国ラジオドラマ脚本コンクール
京都アニメーション大賞(シナリオ部門)
NHK名古屋 創作ラジオドラマ脚本募集
橋田賞新人脚本賞
新人シナリオコンクール[特別賞]大伴昌司賞
テレビ朝日新人シナリオ大賞

▶ライター掲示板

佐藤ひろみ 武井彩 島田満 吹原幸太 森治美

▶トピックスコーナー

『ラジオドラマ脚本入門』刊行記念トークイベント開催/日本シナリオ作家協会・夏の公開講座開催/イマジカBSがドラマを制作・放送/シナリオ・センター創立45周年/訃報

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ10月号

2015年10月号
  • 2015年9月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:967円
アマゾン

ページの上部まで飛びます