• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶シナリオ

掲載シナリオ

栄弥生「十月十日の進化論」

第7回WOWOWシナリオ大賞受賞作

 優れたシナリオ作品の発掘、脚本家の育成、受賞作品の映像化を目的に創設されたWOWOWシナリオ大賞。今号では、第7回の受賞作品でドラマ化された(3月28日、ドラマW枠で放送)栄弥生・脚本「十月十日(とつきとおか)の進化論」を掲載。
 東京で独身生活を送る女性昆虫分類学博士・鈴はひょんなことから昔の恋人・武と再会。酔いつぶれた勢いで一夜を共にした5週間後、妊娠が発覚! 鈴は、人間は胎児の間の十月十日で生命30数億年の進化を再現するという神秘を書物から知り、産む決意を固めていくが、武には子どものことを切り出せない。ようやく決まった仕事も思うようにいかず、ふてくされる日が続く中、母親・文子が実家から上京してくることに。そこで妊娠がばれ、叱責されるが、子どもをひとりで産み育てる気持ちに変わりはない。鈴が意固地になるには、ある秘められた過去があった。ある秘められた過去があった——。
出演:尾野真千子 田中圭 でんでん りりィ 佐々木すみ江 斉木しげる 佐藤仁美ほか

▶シナリオ

掲載シナリオ

清水有生『プラチナエイジ』

東海テレビ・フジテレビ系 昼ドラ 第6週(5月4日〜8日放送)

 主人公たちは、60代の夫婦。年齢を重ねたゆえに、肉体的、精神的、社会的に様々な異変が生じる。その異変は本人にとっては対応に苦慮する、初体験のもの。
この先、どれだけの時間があるかはわからない。それでも人生を諦めて惰性で生きていくにはまだ早すぎる。時にぶつかり合い、時に助け合い、人生の艱難辛苦をもがきながら乗り越える姿。その姿を通じて、生きることの熱、ともすれば落葉にも例えられる人生の一時期をあえて若葉の季節に描く、大人の青春ドラマ。
 今号掲載の第6週脚本は、3話分のラストシーンを全く同じにするという、チャレンジングな内容。
出演:榊原郁恵 池上季美子 宮崎美子 春日純一 中本賢 宅麻伸ほか
出演:瑛太 奥田瑛二 烏丸せつこ ほか

▶発表

第43回 創作ラジオドラマ大賞 最終審査結果発表

 一般社団法人日本放送作家協会 NHK共催、長い歴史を誇るラジオドラマ作家の登龍門。
 43回を数える今回、佳作3編を選出。
 佳作第1席を受賞した、山田文恵・作『シュガー・ソネット』と、入賞者の喜びのコメント『受賞の言葉』、白熱した議論が交わされた最終審査会の直後に行われた『審査員選評会』を掲載。
《審査員選評会参加者》
[日本放送作家協会側審査員]井出真理 今井雅子(日本シナリオ作家協会) 大河内聡 藤井青銅 吉村ゆう
[NHK側審査員]江澤俊彦 木村明広 佐々木正之 藤井靖 吉田努 ※立会い:藤森いずみ(日本放送作家協会) 小見山佳典(NHK) ※司会:東多江子(日本放送作家協会)

掲載シナリオ

佳作第1席
山田文恵『シュガー・ソネット』

▶特別企画

里島美和/自己診断で選ぶ シナリオのテーマ・モチーフ
 コンクール応募作を創る上で、テーマやモチーフの選定は、作品の成否を決定する重要な要素。話題性や大衆性があっても作家性を発揮する事が出来ずに落選することもある。自分に合ったテーマやモチーフとは何か? それを見つける方法はあるのか? また書き始めてみたものの今一つ乗れず、先へ書き進められなくなってしまった場合、どうすれば打開できるのか? 脚本家で長年シナリオ教育にも携わってきた里島氏が、これまでの経験に基づき、効果的な解決法、テーマ・モチーフの選び方を指南。

▶誌上シナリオ講義

北阪昌人/ラジオドラマ脚本を書いてみよう!〜15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン〜(1)
『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の私たちの物語』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人の誌上講座がリニューアル。ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。第1回は「ラジオドラマの発想って?」

▶連載

セリフとト書き(109)/騠橋幹子/ト書きの役割
 フジテレビヤングシナリオ大賞受賞後、『中学生日記』『東野圭吾ミステリーズ さよならコーチ』『スペシャルドラマちびまる子ちゃん』『天誅 闇の仕置人』などを手がける筆者が、ト書きを書く際の心がけていること、またセリフを創るコツを掴んだ瞬間について綴る。

▶連載

放作協通信(31)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は、去る3月23日に開催された「第43回創作ラジオドラマ大賞」贈賞式の模様をレポート。

▶連載

さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(73)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時〜好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の宮村優子さん、斉藤ひろしさんのトークを誌上採録。

▶シナリオ公募情報

第8回WOWOWシナリオ大賞 授賞式レポート
(審査結果・表彰式)
NHK名古屋放送局 平成26年度(第30回)創作ラジオドラマ脚本募集/第24回新人シナリオコンクール(特別賞 大伴昌司賞)
(募集要項)
新人シナリオコンクール(特別賞 大伴昌司賞)
創作テレビドラマ大賞

▶ライター掲示板

秋山竜平 北川哲史 友澤晃一 長谷川徹 蛭田直美

▶トピックスコーナー

岡田惠和氏、芸術選奨受賞/菊島隆三賞授賞式開催される/新刊案内/訃報

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ5月号

2015年5月号
  • 2015年4月18日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:967円
アマゾン

ページの上部まで飛びます